ちょっとお肌にお疲れ感が。

朝起きて鏡を見て思うのは、なんか顔に張りが無いな。
ちょっとお疲れオーラが出てます。
老けましたかね。
白髪もここ数年でぐっと増えました。

お肌の曲がり角といわれる年齢はとっくに過ぎていまして、さすがに何度も曲がっていると勢いが違います。

外回りで紫外線を浴びすぎたのが原因?
社内の冷房で肌が乾燥しているせい?
それとも、最近パックしてないから?
昨日飲み過ぎで睡眠不足だから?

もしかしたら!仕事のストレス?

原因と思われる事がいっぱい有りすぎます。
これじゃあ肌も疲れますよね。

がんばって生活改善をしても、10代のようなピチピチの肌には戻れないでしょう。
色々ネットで情報収集をしたら、やはり日々のケアや定期的なエステが必要との事。

年齢的にエステはなんか恥ずかしいので、ビューティーオープナーの美容効果が凄すぎと話題!真実を徹底検証を読んで風呂上がりにスキンケアを始めました。
少しでも肌が復活してくれればとの期待を込めて。

何を選んだらいいのか解りませんので、薬局の男性用スキンケアの棚から売れていそうな商品を買ってきました。

女性用には年代別の商品が有るのに、男性用は、「男性用」というだけ。
たまたま行ったお店がそうだっただけなのかも知れませんが、男性用のスキンケア用品て種類が少ないんですね。

早速、顔全体+首に化粧水と保湿クリームをヌリヌリ。

なんか化粧水がグングン入っていくけどそんなに乾燥してるんですかね。
保湿クリームを薄く塗って、首まで塗り広げて終了。

なんか、顔表面に塗ってある感がして不快なのですが、皮膚から栄養を入れていると思って、お肌のために我慢です。

もう1週間ほど経ちましたが、ほんの少しですが引き締まってきた気がします。
鏡に映る肌が元気になって、肌の色もちょっと明るくなった気がします。
これ続けて肌がプルプルとしてくれれば嬉しいんですけどね。

効果が実感できると色々興味が出てきますね。
薬局に売っていたアロエのクリームとか試したいです。

こうやってハマっていくんでしょうか?
女性がスキンケアや化粧品にお金が掛かるのがちょっと解った気がします。

さらに嫁さんの化粧箱に入っているゲルマニウムローラーをちょっと借りてマッサージ。
使ってるの見たこと無いな、もう飽きちゃってるんですかね。

日焼け対策

日焼け対策をしたいと思っています。

しかし、日本の男性って、日焼け対策がしずらいような気がするのは私だけ
でしょうか?

まずは目の保護なのですが、やはりサングラスが一番いいと思うのです。
しかし、女性ならまだしも男性がサングラスをかけると、格好つけているみたい
芸能人気取り、みたいな目で見られるような感じがします。
外国人は夏は当たり前のようにサングラスをしているのになぁと
うらやましく思います。今年は思い切って、ひと夏の間ずっと
外出の時はサングラスで通そうかなとひそかに思っています。

そして肝心の肌のUVカットなのですが、女性にはUVカット効果のあるのファンデーションなど
化粧品にもUVカットの素材が入っていたりしますが、男性はノーメークなのでそれも
難しいです。

そしてなんといっても「日傘」問題です。
日本人の男性で日傘をさしてる人っているんでしょうか?
でも実際はあれが一番日光を遮る気がするんです。サングラスも必要ないくらい。

私にせいぜいできるのは麦わら帽子をかぶるくらいです。
しかしなんだか不公平な気がします。

相手に不快感を与えないという程度の身だしなみ

最近は男性用のスキンケア用品がとても増えましたね。CMも多く、ドラッグストアにも沢山商品が並んでいます。
個人的にはとてもいい事だと思います。相手に不快感を与えないという程度の身だしなみとして必要だと思います。
正直、顔を洗っていても洗ってないような不潔さを感じる男性もいます。髭の処理も汚らしく、臭ってきそうな顔には近づきたくありません。
洗顔を使って綺麗に顔を洗い、化粧水やクリームで整えるくらいはみんなやって欲しいです。
しかし、過剰なのも考えものです。ヒゲの脱毛やエステに通う男性はちょっと引きますが・・・無頓着な人よりはいいかな。
眉毛を整えすぎているのも少し気持ち悪く感じますが、ボーボー伸び放題で手入れを全くしてない眉毛よりは印象はいいですね。
美しくなる必要はありませんが、身だしなみとしてスキンケアしてくれればいいと思います。

若い子にでもモテタイ?

40歳をすぎて、周りから若くみられていた旦那も、少々、劣化気味(笑)最近は鏡をのぞいてはため息をついている…(;一_一)
そんな、旦那に「年なんだから、しょうがないじゃん!若い子にでもモテタイ?」などとからかっていた。
今までは、とくに手入れらしことは一切やっていなかったが、最近、気になるようで、近所のドラックストアで男性用化粧品を買い込んで、うちの洗面所には女性顔負けの男性化粧品が並んでいる。
それを、寝る前に女性と同じように使い、さらに、保湿のパックまで仕事で帰宅が遅くても毎日やっている。女性顔負けのそのマメさには感心です。
かれこれ、それを3カ月くらいやっていると、なんとなく顔のしわが心なしか減ってきた気がする…。
やっぱり、男性の肌も手入れ次第で若返るのか!?そう思いながら見ていたら、今度は、コラーゲンドリンクも購入し毎日飲んでいる。
旦那の美に対する追及は私以上です…。
負けてはいられない!わたしも明日からがんばるぞ!(笑)
ちなみに化粧品ははじめはニベアのメンズを使ってましたが最近はランクアップでメンズクリニークです(笑)

洗顔方法

高校生の頃に「洗顔」というものを始めて知りました。
というのも、顔は洗ってはいましたが、石鹸や、シャンプーの残りのあわなどで
身体の延長線上の部分としての顔を洗っていたのであって
「洗顔」というジャンルではなかったのです。

高校生になり、みんなで新生活を送る気構えとかを学ぶ研修旅行のようなものがありました。
その時にクラスメートがメンズ用の洗顔ソープを持ってきていて、それがとても格好よく
思ったのです。確か、クールミント系のつぶが入ってような洗うと顔がスキっとする
新感覚だったことを覚えています。

その後、顔を洗う時は、ごしごしこすってはだめだという、今までにはなかった
新常識を知りました。泡をやさしく両手ですくって、その泡でやさしくやさしく
ふんわりと、なでるように回していく感じ。そのほうが、顔の脂が浮きやすいのだそうです。
わたしも100円ショップでクリーミーな泡を作るタオルを買ってきて
ふわっふわの泡を作って顔を洗うようにしていました。
現在は顔の脂の量も減ったので、適当に(昔のように)洗っています。
年齢によっても洗顔方法は変わっていくように思います。

「肌のお手入れ」に関心の強い男性

夏が近づき、日差しが強くなってきました。日焼け止めのCMや日傘を差して歩く女性の姿も多く目につくことでしょう。
紫外線対策というと、美白願望の強い女性のためのもと思いがちですが、実は男性こそケアが必要なのです。女性は多かれ少なかれお化粧をしますが、その化粧品のほとんどはUV対応のものです。夏場になってあえて日焼け止めを塗らなくとも、こと顔に関しては、一年中、日焼対策ができているといっても過言ではありません。
一方の男性の場合、大半の方は顔に何かを「塗った」状態で日中を過ごすことはないかと思います。それはつまり、夏の紫外線のもと、無防備な肌をさらしていることにほかなりません。30代頃まではそれほど目立たないものの、40歳以降、中年に差し掛かるあたりから、男性にもシミが現れはじめます。高齢者になると、老斑のない男性は少ないくらいです。
知人で20代の頃から「肌のお手入れ」に関心の強い男性がいましたが、外出時の日焼け止めの塗布はもちろん、化粧水でのパッティングも欠かさないという、女性顔負けの細やかさでした。その方のお顔の肌はまさにもち肌。女性ながら「負けた」と思わされるほどでした。
男性はお肌のお手入れの有無が如実に結果となって現れます。若い頃の好男子ぶりを保ちたい男性は、ぜひ美肌ケアを、少なくとも紫外線対策に心を砕かれることをおすすめします。